イニエスタ、神戸入団!!いつから?ユニフォームは何番?プレーを例えてみた

イニエスタがJリーグのヴィッセル神戸に入団することが正式に発表されました。

これは、日本サッカー界にとって非常に喜ばしいニュースなのではないでしょうか?!

正直、私はイニエスタが有名なサッカー選手だとは知らなかったので、最初イニエスタと聞いた時、

犬の餌

と聞こえました。

なぜ、サッカーの話題なのに、犬の餌の話しをしているのかとても疑問だったのですが、会社の後輩に聞いたら、イニエスタというのはスペインの有名な選手ということがわかりました。

サッカー通な皆さんであれば、イニエスタがどれほど素晴らしい選手なのかはご存知ですよね?

この前の日曜日、ワイドナショーで、イニエスタがどれだけ凄い選手なのかを、元サッカー日本代表の前園氏が熱弁していました。

今回は、イニエスタが日本でプレーすることがどれだけ凄いことなのか、また日本サッカーにどれだけ影響があるのか、いつから神戸でプレーするのか、ユニフォームは何番なのかを検討し、ザックリ、バックリ蹴り捨てたいと思います。

イニエスタのフェルチオ的見解

ワイドナショーで前園氏は、イニエスタのプレーを絶賛していました。イニエスタは、普通の選手では見れない未来のプレーが見えるそうです。

例えるなら、イニエスタは、ゴールを逆算して自分の最善のプレーを選択し、チームメイトを意のままに動かすというのです。

そしてゴールを奪うというのです。

イニエスタのプレーを見た人は、マジックを見ているかのような錯覚を起こすそうです。

正直、私はサッカーに関しては全くの素人なので、そう言われても、イニエスタがどう凄いのかピンときません。

ですので、こういうことを言っているのではないか?、と思う自分の体験で例えて、イニエスタの凄さを解説したいと思います。

昨年の秋の話しですが、インフルエンザにかかってしまい、1週間会社を休みました。

かなり高熱が出てしまい本当に辛かったので、復活して元気が出たら、風俗に行こうと決めていました。

インフルエンザで休んだ日も含めて、およそ10日間ほどでしたが、来るべき風俗へ行く日までの間、私の下半身に移植されたARMS褐色のウーパールーパー(※週刊少年サンデー:ARMSを参照)は活動停止していたのです。

そして、心身共に回復し、体調も万全となったので、その週の土曜日の夜、お気に入りの風俗店の予約を取りました。

金曜日の仕事も終わり、1週間休んだ影響で仕事も溜まっていましたが、明日に備えて残業はせずに帰宅しました。

そうです、最後の体力調整のために早く就寝することにしたのです。

私はベッドに入るなり、明日のプレーをシミュレーションしました。

指名したミホちゃん(仮名)は、割とディフェンス重視で相手に身を委ねるタイプなので、序盤は私が攻(責)めて、

クライマックスで、ミホちゃんの得意技でフィニッシュしてもらおうと想像した瞬間に悲劇は起こりました。

うっ!・・・えっ・・・、えっ?!

な、なんと、明日行くミホちゃんのフィニッシュテクニックをイメージしただけで、下半身に移植された褐色のウーパールーパーが暴発してしまったのです。

10日間以上、褐色のウーパールーパーが活動していなかったとはいえ、まさか、想像しただけで暴発するなんて・・・。

まだまだ私も若いのだなと変に自信を持ってしまいました。

テヘっ(*´з`)

・・・・・・・・・・・。

ナ、ナナミーーーーーーー!!

えっと、何の話しでしたっけ?

私は、偶然ですが、イニエスタと同じような能力を使うことができたのです。

未来起こりうるプレーを想像し、ゴールを逆算できたのです。

あれ?

イニエスタとは逆か?

例えるなら、未来のゴールをイメージして、現実ではオウンゴールしちゃったみたいな・・・。なんかもったいない気分になってきました。

とにかく。

イニエスタのヴィッセル神戸入団により、日本サッカー界が活性化してほしいです。

頼んだぞ、イニエスタ!!

ちなみにユニフォームはバルセロナと一緒で「8」に決まったみたいですね。

フェルチオ

私、サッカー評論家フェルチオH後は、サッカー日本代表を応援します。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする