日本代表vsコロンビア代表のゴールシーンは?【W杯2018】2018.6.19

こんばんは。

サッカー評論家のフェルチオH後(ふぇるちおえっちご)です。

※●ルジオ越後氏とは全く関係ありません。

皆さん、元気にSUCKERしてますか?

とうとう待ちに待ったW杯が開幕し、昨日我らがサッカー日本代表はコロンビア代表と戦いました。

結果は皆さんご存知だと思いますが、2-1で日本勝利と予想したサッカー評論家は私以外ではいないのではないでしょうか?

私は、1-1、1-2、1-3の1流しと、2-1、2-3、2-4の2流しで予想していたので、見事予想が的中しました。

前半3分でコロンビア選手のハンドによる1発レッドカード、そして香川選手のPKによる先制点、同じく前半日本ゴール前からのフリーキックで壁下を通した見事なキックで同点に追いつかれ、後半にはお馴染み「半端ない」大迫選手のヘディングシュートで2-1で勝利した日本代表。

もちろん、コロンビアが1人少なくなったのはハンドという反則を犯したペナルティーであるのですが、11人対11人だったらどうたったのか・・・?という議論ははっきり言って無意味です。

サッカーとは往々にしてそういうものだからです。

おそらくコロンビア代表は、日本代表を舐めていたでしょう。その代償の一つがハンドによる1点、そして1人の退場者だったのです。

しかしながら、日本代表がセネガル、ポーランドにも勝利し決勝トーナメントを進むために、修正するところは多々あります。私は敢えて辛口でザックリ・バックリと日本代表を蹴り捨てたいと思います。

日本代表vsコロンビア代表のフェルチオ的総括

前半早々、香川選手のシュートをハンドで止めてしまったコロンビア:カルロス・サンチェス選手が1発レッドカードで退場してしまいました。

なぜ、いきなりあの場面でハンドをしてしまったのか?いや、ハンドをせざるを得なかったのか?

サッカー経験者なら理解できる人もいるでしょう。しかし、私はサッカー経験者ではないし、もっと言ってしまえば、サッカー評論家でありながらオフサイドすらもイマイチ理解していないサッカー音痴なので、自分の体験で上手く説明してみたいと思います。

私が20代前半の頃、上司と京都出張に行った時の夜、人生初の雄琴にあるソ●プランドに行きました。

最寄り駅のいわゆる普通の駅に場違いなリムジンで出迎えられ、地元住民に

あ、あいつソープに行くな

と思われているのだと思うと、若い私はかなり恥ずかしい思いをした記憶があります。

リムジンも人生初でした。映画で見るようなとんでもないリムジンに乗り込み、約15分で決戦の地に着きました。

リムジンから降りるなり、良い匂いの石鹸のかほり・・・。ここがソ●プランドかと思うや否や、下半身に移植されたARMS「褐色のウーパールーパー」が共鳴してしまい、既にACT2(半勃ち)の形態になりました。

そんな臨戦体制に入った私を出迎えたレイデーは、ネット画像と変わらず清楚でありながらもどこかエロチックを感じさせる女性でした。

そうだなー、例えるなら若い頃の黒木瞳って感じかなー(*´з`)

さぁシャワーを浴びようと見に纏う全てを脱ぎ捨てたその時、レイデーはおもむろに下半身に移植されたARMS「褐色のウーパールーパー」を握ってきました。

え?まだシャワー浴びてないから・・・。そ、そんな・・・」と私が恥ずかしながら言うと、

レイデーは私のことを見上げながら「じゃあ、ちょっとだけ・・・」と。

突然のサービスに頭が真っ白になったその時、事件が起こりました。

なんと、たった開始3分ぐらいでレイデーのハンドジョブによって果ててしまったのです!!

始まって間もないのに、まさか手で果ててしまうなんて・・・。

しかし、その風俗店は無制限サービスでしたので、そのまま退場することはなく、結局3発撃ち込んでしまいました。

日本代表なんて2点止まりだったのにね。

いやー、しかし本当に気持ち良かった!!

さすが雄琴のレイデーはテクニシャン、また京都出張の時はリピートしたいなと、思い出しただけでも半笑い・半勃ちになってしまいます。

(∀`*ゞ)テヘッ

・・・・・・・・・・・。

ナ、ナナミーーーーーーー!!

何の話しでしたっけ?

と、とにかく、相手がハンドで退場して人数が少なくとも勝ちは勝ち。

まずは1勝おめでとう!!

そして、コロンビア代表のカルロス・サンチェス・モレノ選手、どうか気落ちせず、退場明けの次戦では活躍してほしいと思います。

サッカー評論家:フェルチオH後(ふぇるちおえっちご)は、サッカー日本代表を応援します。

日本代表vsコロンビア代表の試合結果

【日時】2018年6月19日

【会場】モルドヴィア・アリーナ

【結果】日本代表 2-1 コロンビア代表

【得点者】6分:香川真司(日)、39分:ファン・フェルナンド・キエトロ(コ)、73分:大迫勇也(日)

【退場者】3分:カルロス・サンチェス・モレノ(コ)

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする