キングカズ、50歳で現役続行!!横浜FCと契約延長する

こんにちは。

サッカー評論家のフェルチオH後(ふぇるちおえっちご)です。
※●ルジオ越後氏とは全く関係ありません。

皆さん、元気にSUCKERしてますか?

2018FIFAワールドカップロシア出場に向けて、最終予選が3月に再開するというこの時期に、1つのニュースが舞い込んできました。

J2横浜FCが、キングカズこと三浦知良選手と今季の契約を更新したと発表したのです。三浦選手は「カズ」または「キングカズ」という愛称で多くの人から親しみを持たれており、サッカーを知らない人でも「カズ」を知っているぐらいに有名な日本のサッカー選手の1人ではないでしょうか。

もちろん私もカズを知っていますし、私がリスペクトする偉大なサッカー選手の1人です。

未だ現役であり、中年男子の憧れであり、カズが頑張っているので、自分もまだ頑張れる、そう思うサラリーマンの方は大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

私もカズの背中を追い続けています。

現役選手である以上、選手としてW杯に出場し、日の丸をつけて戦いたいはずです。

今回は、そんなカズを私なりに分析してみたいと思います。

カズは、静岡県静岡市生まれのプロサッカー選手です。サッカー王国静岡でも名門中の名門校である静岡学園に入学するも、わずか8ヶ月で中退し、単身ブラジルに渡航してCAジュベントスというチームに所属しました。

Jリーグ発足が現実味を増す中、日本代表のW杯出場権獲得に貢献するためにブラジルに残ることよりも代表選考の対象となりやすい日本でプレーすることを決断し、日本に帰国します。

Jリーグ発足時は、現ヴェルディ川崎に所属します。

その後の活躍については皆さんご存知だと思われますが、実は、私はその後のカズの活躍をよく知りません。

正直、私はオフサイドすら最近知ったぐらいのサッカー音痴なので、カズがどれだけサッカーを愛し、なぜ現役サッカー選手に拘り続けるのかわかりません。

ですので、あくまで私の憶測になりますが、以下、自分の体験で自分の体験を用いて、カズの説明したいと思います。

カズはなぜそこまでしてサッカー選手としてあり続けるのか?

給料日前のお金が無いある日、どうしても風俗に行きたかったので、入店したばかりの風俗嬢が接客する格安イベントに行くことにしました。

私は基本的にマグロなので、いつもは新人を避けているのですが、今回のイベントの内容ではしょうがなかったので、

「うん、今日は金が無いんだからしょうがない、しょうがないんだ。」と、自分に言い聞かせて店に入りました。

すると、店長がやってきて私にこう言いました。

「新人の子に教育させたいので、熟練の指導者をつけさせてよろしいでしょうか?時間延長、料金もサービスしますので。」

なるほど、私のような信頼できる常連客にしか頼めないのだな、と納得し、了承しました。

入店2日目の新人ユメちゃんが今回私を担当することになりました。

新人ですので、しょうがないのですが、動きがイマイチなのでなかなか私もゾーンに入り込むことができませんでした。

そして、ユメちゃんが戸惑う度に、いちいち中断して熟練の女性が指導するスタイルだったので、私の下半身に移植されたARMS「褐色のウーパールーパー」は、中途半端にACT2とACT3の状態を繰り返すだけでした。

その熟練の女性は、カズヨという源氏名でした。

昭和を感じさせる名前だなと思いつつ、もう歳なのでしょう、この道は現役らしいが、あまり指名が入らないカズヨは、もっばら新人教育係に割り当てられるだけの要員だそうでした。

ただ、自身曰く「クイーン・カズ」と呼ばれていた全盛期は、伝説の風俗嬢だったらしく、雄琴では指名するのに3ヶ月待ちは当たり前だったそうだ。

そんなカズヨは、その当時を振り返りながらこう言った。

今はこんなですけどね。もう何年も前に、風俗嬢としての誇り、魂みたいなものは雄琴に置いてきました。

・・・・・・・・・・・。
ナ、ナナミーーーーーーー!!

我ら中年の星、キングカズ。
悔いのないサッカー人生を送ってほしいです。

サッカー評論家:フェルチオH後(ふぇるちおえっちご)は日本代表、そしてキングカズを応援します。

コメント

  1. upjuggpnhf2020年7月24日 16:45

    このコメントは承認待ちです。

コメントする