元サッカー日本代表宮本選手のフェイスガードの秘密とバットマンたる所以とは?

こんばんは。

サッカー評論家のフェルチオH後(ふぇるちおえっちご)です。

昨夜6月1日(金)夜7時57分からフジテレビ系列で「FIFAワールドカップロシア最強サッカー番付~秘蔵映像!スキャンダル!スター衝撃の今・・・禁断の裏話大放出SP」という特番が放送されました。

私はサッカー評論家でありながら、正直サッカーのことは全く知らない素人なので、こういったわかりやすい番組は本当に助かります。

印象に残ったのは、マラドーナが神の子と言われていたことです。私の中で、神の子と言えば、山本KID徳郁なので、他にも神の子っているのだなぁと勉強になりました。

そして、もう一つ。

元サッカー日本代表キャプテン宮本恒靖選手のエピソードです。

今回は、ロシアW杯開幕直前番外編、元サッカー日本代表キャプテンDF宮本恒靖さんをザックリ・バックリ蹴り捨てたいと思います。

The eyes of フェルチオ

まず、宮本さんのプロフィールを調べてみました。

本名は、宮本恒靖(みやもとつねやす)。1977年2月7日生まれの大阪府富田林市出身。ガンバ大阪ユース、U-17日本代表を経てガンバ大阪トップチームに昇格。トルシエJAPANに選出された時、キャプテンだった森岡隆三選手が離脱した時に宮本さんがキャプテンを引き継ぐ。

そして、サッカーファンであれば、ご存知だとは思いますが、宮本さんと言えばあのフェイスガードではないでしょうか。

その姿は、まるでバットマン。フィールドに降臨したバットマン。

そのフェイスガードについて、番組にゲスト出演していた元サッカー日本代表FWの鈴木隆行選手がちょっとした秘密を話していました。

2002年日韓W杯直前、静岡産業大学との練習試合中、相手FWの肘が入り鼻骨骨折した宮本さんは、それ以来フェイスガードを付けてプレーすることとなったのです。

私たちが知っている宮本さんのフェイスガードはでしたが、元々は白だったそうです。

こちらがその画像です。

なるほど、白ですね。しかし、そんな宮本さんの姿を見た日本代表のチームメートは「なんか弱々しいな・・・」と発言したそうです。

ふむ、何だか怪我人ぽくて、確かに力強さが感じられませんね。これでは屈強な相手FWに舐められてしまいそうです。

それを聞いてしまった宮本さんは、白いフェイスガードをマジックで黒に塗りたくったそうです。

その画像がこちらです。

・・・・・、あ。間違った。すいません、これはパンツを被った変態オヤジです。

バットマンじゃなくて、これじゃあバッドマンですね。

おほん。改めまして、

なるほど、やはり黒だと強く見えますね!!

そういえば、以前、直属の上司が、

パンツは脱がすものじゃない!被るものなんだ!!

と言っていたことを思い出しました。

何だか某ドラマの刑事が叫んでいたセリフのようですが、リストラされた上司は今頃どこで何をやっているのか・・・。

ちなみに、私は白よりも黒いおぱんてーが好きです。

・・・・・・・・・・・。

ナ、ナナミーーーーーーー!!

やっぱり、宮本さんは男前ですね。

さて。色々な裏事情があるのかはわかりませんが、今回の西野監督が選んだ23人のメンバーにサプライズはなかったという評論家が多いので私も乗っかってそう思いますが、そういった意味では、岡田監督がカズを外したことは相当凄いことだったのだなと感心しました。

サッカー評論家:フェルチオH後(ふぇるちおえっちご)はサッカー日本代表を応援します。

コメント

  1. 藤田シコル(しこるん)2018年6月4日 23:45

    某女優と不倫した医師のクリニックに行くとフェイスガードが処方されるらしいですよ。
    ご自身も被っておられるみたいです。

  2. フェルチオH後2018年6月5日 00:35

    藤田シコル(しこるん)様

    はじめまして!
    また、貴重な情報をありがとうございます。
    そのフェイスガードを欲しかったのですが、処方箋がないとダメだと聞いて断念していました。
    今度手に入れたら、装着して通勤の満員電車に、しれーっと乗ってみたいと思います。

コメントする