なでしこJAPANvsアメリカ代表【FIFA女子W杯カナダ2015】2015.7.5

※この記事はアメブロから移行した2015.7月の記事です。しばらくしましたら、当時の日付で管理設定します。

こんばんは。

サッカー評論家のフェルチオH後(ふぇるちおえっちご)です。

※サッカー解説者のセルジ●越後氏とは全くの別人です。

皆さん、元気にSUCKERしてますか?

FIFA女子W杯カナダ2015の決勝が昨日行われ、なでしこJAPANとアメリカが対戦しました。

結果は皆さんご存知だと思いますが、2-5でアメリカが勝利し、4大会ぶり3度目の優勝を果たしました。
 
本当に残念でしたが、下馬評もそれほど高くない中、結果としては準優勝したなでしこJAPANを私は誇りに思います。

更なる高みを目指し、リオ五輪、次のW杯を見据え、なでしこJAPANは何をすべきか、今後日本サッカー協会はどうバックアップし、世界に通用する体制をつくっていくべきか、

私はサッカー評論家として、バッサリ、バックリとなでしこJAPANと日本サッカー協会を敢えて辛口で蹴り捨てます。

いざっ!!

なでしこJAPANvsアメリカ代表のフェルチオ的総括

まず、決勝戦を振り返ってみたいと思います。

前半、アメリカの4点目で試合が決まってしまったと思いますが、サッカー評論家としてではなく、あくまで1サポーターとして、なでしこJAPANを応援する私は、それでも彼女たちなら追いつくのではないか、逆転するのではないか、そう期待していました。

おそらく男子サッカー日本代表ではこう思えなかったと思います。

それほど、最後の1分1秒、ホイッスルが鳴るまで諦めない彼女たちの真剣な姿が伝わってきたのです。

しかし、アメリカは強かった。本当に強かった。技術面や精神面など、トータル的にアメリカとなでしこJAPANには大きな差があったと思います。

その大きな差が何なのかを考えてみましたが、正直私はサッカーに関しては素人、ブームに乗っかってしまったぐらいのにわかファンなので、自分の体験談でわかる範囲説明したいと思います。

日本対アメリカの構図は、私の人生では中学3年生の時が最初であり、その時は、アメリカの怖さを知り、夢にまで出てくるぐらいうなされた時期もありました。その体験で以下説明します。

私は、中学2年生からAVを見はじめました。レンタルビデオ屋で借りて、友人宅で見たのが最初です。

その栄えある第1本目のAVは「麻生澪」でした。

セーラー服を着た彼女は、色白で、どことなく悲しげな女優さんでした。絡みも今時のような下品な感じではなく、恥じらいがあって、現実味のある内容でした。

まさに憧れた先輩とのエッチな姿を想像するような、とても淡くてピュアな思春期を過ごす私を刺激するには十分な作品でした。

そんなある日、同級生のタッくんから連絡が入りました。

オヤジの本棚からスゲーエロビデオが出てきた!!

映画のワンシーンでよくみる戦闘機のパイロットが「メーデー!メーデー!メーデー!!」と緊急事態を知らせるように、興奮したタッくんが電話をしてきたのです。

私は、速攻でタッくんの自宅に行きました。親は買物に出かけているとのことで、見るなら今しかないというタイミングだったのです。

タッくんは「正直、俺は気持ち悪くなったからお前も覚悟しとけよ。」
そう言って、ビデオの再生ボタンを押しました。

TVに映し出されたのは、モザイクの入っていないアメリカ人が複数で入り乱れているシーンでした。

今でこそ、それほど珍しくない無修正ですが、初めて目の当たりにした私は頭が真っ白になり、あまりの凄さに下半身に移植されたARMS『褐色のウーパールーパー』(週間少年サンデー元連載「ARMS」参照)も全く発動しませんでした。

そこには人種の隔たりも全くなく、未だみたこともない未知な局部のオンパレード、ある種神々しい世界が繰り広げられていました。

放課後の人気のない学校の1室で女の子とエッチする、しかもエッチするまでの駆け引きなど、ストーリー性を重視したAVしか見たことのない私は、

ただひたすら誰彼構わず近くにいる人と交代で一心不乱にむさぼりあう、その映像に圧倒されました。

およそ45分のビデオを見終わり、何とも言えない虚無感に襲われた私は、こう呟きました。

アメリカってすげーな・・・

・・・・・・・・・・・。

ナ、ナナミーーーーーーー!!

おほん。

と、とにかく、なでしこJAPANありがとう。
まずはゆっくり休んでください。

そして、いつかアメリカにリベンジを!!

サッカー評論家:フェルチオH後(ふぇるちおえっちご)は、なでしこJAPANを応援します。

なでしこJAPANvsアメリカ代表の結果

2015年7月5日16:00キックオフ(現地時間)
BC Place Stadium

なでしこJAPAN2-5アメリカ

【得点者】
3分:Carli LLOYD(米)
5分:Carli LLOYD(米)
14分:Lauren HOLIDAY(米)
16分:Carli LLOYD(米)
27分:大儀見 優季(日)
52分:オウンゴール(日)
54分:Tobin HEATH(米)

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする