森保JPAN、決勝でついに敗北・・・【日本代表vsカタール代表:アジアカップ】

アジアカップ,日本代表,森保JAPAN
都内有名国立女子大学サークル100人に聞いた「抱かれたいサッカー評論家は誰?!」の見事第1位に輝いたフェルチオH後(ふぇるちおえっちご)です。

(架空のアンケートであり妄想です)

※●ルジオ越後氏とは全く関係ありません。

んちゃ!!

皆さん、元気にSUCKERしてますか?!

昨夜、我らがサッカー日本代表、森保JAPANがアジアNo.1の称号をかけて、カタール代表と対戦しました。

結果は皆さんご存知の通りですが、1-3で敗北という結果を誰が予想していたでしょうか?

準決勝で強敵イラン代表に完勝した日本代表は、その勢いでカタール代表にも打ち勝ち、見事優勝するのではないかと、おそらく誰もがそう予想、いや願っていたことでしょう。

しかしながら、上手く事が進んでいる時こそ落とし穴が待っていることは勝負の世界でもよくあることなのです。

私は結果論ではありますが、2-0でリードされた時点で日本代表の敗北を予想していました。

なぜ私がそう予想できたのが、もちろんデータに裏付けられる根拠があります。私はサッカー日本代表を応援し、W杯で優勝するために日々各国のチーム、選手、戦術等分析して、どうしたら日本代表が世界の強豪国に割って入るのか研究しています。

様々なデータを基に、今回なぜ日本代表がカタール代表に完敗してしまったのか、心を鬼にして森保JAPANをザックリ・バックリ蹴り捨てたいと思います。

いざっ!!

[toc]

日本代表 vs カタール代表のフェルチオ的総括

試合とは全く関係ないのですが、私は決勝で戦う相手がカタール代表と聞いた時、頭の中になぜか「セザール」がリフレインしていました。昔CMで流れていたあのセザールです。

森保JAPAN,サッカー日本代表,カタール

おそらくこのセザールがわかる人は30代後半ですね。

さて。

私は日本代表が0-2とリードした時点で日本代表が負けてしまうのではないかと、非常に不本意ではありますが「日本敗北」の4文字が頭の中によぎりました。

サッカーは2-0が怖いとよく聞きます。2点先行したチームが逆に不利な立場になるということを表した表現です。これに当てはめると、日本代表が有利となり逆転する流れになるのではないかというわけです。

実際、南野選手のゴールにより1点差としたところで流れが変わりました。

しかしながら、結局1-3でしたので、なぜ2-0が怖いのかイマイチ理解できないぐらいに私はサッカーが詳しくないのですが、こういうことなんだろうなぁという似たような体験が過去にあったので説明させて頂きたいと思います。

3年前だったでしょうか。島根県に上司と出張に行った時の話しですが、仕事を終えて風俗に行きました。

初めてのお店だったのですが、その時間はちょうどいっぱいで待合室で上司と待つことになりました。

待合室に2人でいたので、おそらくこの状態がサッカーで言うところの「2-0」だと私は認識しております。

そして黒服が待合室に入ってきました。スッと姫の顔写真がパウチされたカードを差し出して、

この子がご案内できます」と言ってきました。

正直、私はタイプではなかったので上司にお願いしようかと思った瞬間、

先に行ってきなよ」と上司に先手を打たれてしまったのです。

上司もタイプではないから私に勧めてきたのか、または本当に親切心から「お前が先に行きなよ」と譲ってくれたのか、一体どっちなのだと考えました。

そして、このタイプでない姫を譲って次に出てくる姫が、もし更に輪をかけてタイプではなかったら・・・。お金をドブに捨てるようなことになりかねません。

しかし、次に出てくる姫が、とんでもなくタイプの可能性もあるのです。

「2-0」から姫が出てきて「2-1」になったこの瞬間、私は非常に悩みました。そして、悩んだ末に、次に出てくる姫に賭けて、私は上司に譲ることにしました。

ちなみに上司に「先に行ってきなよ」と言われて最終決断するまでの時間はおよそ10秒ぐらいかかりました。

フェルチオ

市川部長(仮名)、お先にどうぞ

と言うと、間髪入れずに市川部長は甲高い声で、

だからぁ!お前が先に行っていいんだって言ってんだよぉ!!」と叫ばれたのです。

・・・・・・・。くっ、やはり上司も全然タイプではなかったのか・・・。上司に逆らえない私は、渋々その姫と一戦交えることを決意し、待合室の向こう側で待つ姫のところに歩いて行きました。

すると、その姫が腕を組んできて、部屋に向かいながらこう言いました。

なんか揉めてたみたいだけど、私を取り合ってたの〜?!ケンカしちゃあダメよ!!

んなわけねーだろっ!!」と心の中で叫びつつも、思わず「俺も上司も興奮してたからね」と訳のわからないことを口にしてしまいました。

結局、上司にあてがわれた姫も微妙だったそうです。

2-0からの判断は非常に難しいことがわかりました。やっぱり風俗は1人で行くべきですね。もしくは事前に予約していきましょう!!

・・・・・・・・・・・、

ナ、ナナミーーーーーーー!!

えっと、何の話しでしたっけ?

しかし、カタール代表は強かった。素晴らしいチャンピオンチームでした。日本代表はこの敗戦を糧にしなければいけません。

なぜ失点してしまったのか、なぜ試合をコントロールできなかったのか、なぜ逆転できなかったのか、問題は色々と山積みですが、私はサッカー評論家として、サッカー日本代表がW杯で優勝するためにチームを分析し、これからもザックリ・バックリ蹴り捨てていきたいと思います。

選手の皆様、森保監督、チーム関係者の皆様、とりあえずお疲れ様でした。

サッカー評論家フェルチオH後(ふぇるちおえっちご)は、サッカー日本代表を応援します。

日本代表 vs カタール代表の試合結果

【日時】2019.2.1(金)

【会場】シェイク・ザイード・スタジアム(UAE)

【結果】日本代表 1-3 カタール代表

【得点者】12分:アルモエズ・アリ(カ)、27分:アブドゥラジズ・ハーティム(カ)、69分:南野拓実(日)、83分:アクラム・アーフィフ(カ)(PK)

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする