森保JAPAN、連勝ストップの原因はこれだ?!【日本代表vsベネズエラ代表】

こんばんは。

サッカー評論家のフェルチオH後(ふぇるちおえっちご)です。

※●ルジオ越後氏とは全く関係ありません。

んちゃ!!

皆さん、元気にSUCKERしてますか?

先日、親善試合ですが、我らがサッカー日本代表がベネズエラ代表と戦いました。

結果は皆さんご存知の通りですが、酒井宏樹のナイスボレーによる先制点を挙げましたが、後半PKにより同点に追いつかれてしまいそのまま試合終了。

森保体制になってから、引き分けとはいえついに連勝がストップしてしまいました。どんな強豪国でもいつかは連勝がストップしてしまいますが、はっきり言って、私のようなサッカー評論家からすると今回の引き分けは負けに等しい痛い結果です。

この日は、スタジアムまでの道が大渋滞で選手たちのバスの到着が大幅に遅れてしまい、アップもそこそこの時間しかできませんでしたが、それはベネズエラも同じです。

ベネズエラ戦を振り返り、なぜPKを与えてしまったのか、なぜ追加点が取れなかったのかをザックリ・バックリ辛口で検証してみたいと思います。

いざっ!!

[toc]

日本代表 vs ベネズエラ代表のフェルチオ的総括

ベネズエラ代表は、南米10ヶ国の中で唯一W杯の出場がありませんが、過去日本代表との試合戦績は1勝2分と実力差は大してありません。

また、ベネズエラの最新FIFAランキングは29位なので、50位の日本代表よりもランキングだけで言えば格上なのです。

少し話は変わりますが、ベネズエラのことを調べていくうちにある種のゲシュタルト崩壊により、私の頭の中に「エネマグラ」の5文字が浮かんできました。

なぜその5文字が浮かんできたのかはわかりませんし、エネマグラが一体何だったのかもわからないのですが、形状だけは何となく頭の中で描かれました。

そうです、これです。

美顔器ですよね?!

よく、女性のモデルや芸能人が小顔であったり、肌を若々しく保つために顔に押し付けるアレです。

・・・・・、いや、でも何か違う。サッカー評論家としてではなく、男としての本能というか直感で何かが根本的に間違っていると思ったので、エネマグラについて調べてみました。

エネマグラ
アメリカ合衆国の泌尿器医によって開発された前立腺マッサージ器具の名称。三牧ファミリー薬局を運営する有限会社光漢堂の登録商標。

なるほど!!

エネマグラって美顔器ではなく、前立腺マッサージ器具だったのですね。いや、でもおかしいな、私は泌尿器科にお世話になったことがないのに、何度か治療されたことがあります。

・・・・・・・・・・・。

ナ、ナナミーーーーーーー!!

おほん。治療ではなく嗜好でした。川崎のお店で。しかし、ゲシュタルト崩壊って不思議ですね。

と、とにかく、ベネズエラ代表も強かった!!

次戦のキルギス戦は絶対勝利だ日本代表!!

サッカー評論家:フェルチオH後(ふぇるちおえっちご)はサッカー日本代表を応援しています。

日本代表 vs ベネズエラ代表の試合結果

【日時】

2018年11月16日(金) 

【会場】

大銀ドーム(大分)

【結果】

日本代表 1‐1 ベネズエラ代表

【得点者】

40分:酒井宏樹(日)、81分:トマス・リンコン(ベ)

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする