吉田麻也の実力では3バック、4バックどちらが適しているのか?

待ちに待ったW杯ももう来月なのですね。

4年があっという間に感じます。(W杯って4年に1回であってますよね?)

来週、W杯前の国内最終戦であるガーナ戦が控えていますが、日本代表はまず守備をしっかりしてもらいたいと思っています。

その守備の要はもちろん吉田麻也です。吉田選手は、西野監督と守備の戦術的な話しを未だしていないそうです。

ザッケローニ監督時代では、3-4-3の3バックをオプションとして使ったこともありますが、基本的に日本代表は長い間4バックで戦ってきました。

吉田選手は所属クラブのサウサンプトンでは3バックの1枚ですが、

3枚と4枚では全然違う」と明言しているように、そんなに簡単なものではないので、メンバー全員そろって構築していかなければなりません。

しかし、W杯まで時間はありません。

今の日本代表は、3バックが良いのか、4バックが良いのか?

今回は、W杯で我らがサッカー日本代表が優勝するために、3バックと4バックどちらを採用した方が良いのか、私男フェルチオがザックリ・バックリ蹴り捨てたいと思います。

3バックと4バック、どちらが良いのか、フェルチオ的見解

とはいえ、正直、私はサッカーの戦術やらさっぱりちんぷんかんぷんなので、私が聞いたある話しで説明してみたいと思います。

私が新入社員の頃、上司が「ハーレムVIPコース」というプレミアム会員しか体験できないコースを、風俗店から招待された時の話しなのですが、

まず、7万円という高額なお金を払った上司に対し、私は敬意を表します。

私の月の食費代+光熱費以上のお金を、たった1回の風俗に使うとは、私も上司のように出世したいと本気で願ったことを昨日のことのように思い出します。

その夢のようなハーレムVIPコースを体験した上司が、次の日、私を飲みに連れて行ってくれました。

私は、その時の話しをすぐにでも聞きたく、注文したビールが届かぬうちに上司に聞き始めました。

上司は、天井を見上げ、夢心地のような表情で呟きました。

あれは天国だったなぁ

ドアを開けたら、女の子がお尻を向けて待っていたんだよ。4人いたから、4バックだな。さしずめ井原、秋田、相馬、名良橋ってとこか?

サッカーに疎い私も、その頃W杯予選で盛り上がっていた時期でしたし、井原というサッカー選手がいたことも知っていたので、さすがにサッカーで例えたのだなとわかりました。今思えば、上司は若い頃サッカーをやっていたと聞いたことがあるので、上司らしい表現だなと思いました。

すると、女の子から提案があったとのこと。

1万円でもう1人追加できますよ?」という、更に女の子を追加するオプションの提案だった。

上司は悩んだあげく、

4人もいたら1人増えても別にいっか、オッケー、1人追加して5バックでお願い!!

さすが上司、1万円の追加なんて全く問題ないなんて、一体、月幾らもらっているんだと思い、私はこの上司に一生ついていくと誓いました。

・・・・・・・・・・・。

ナ、ナナミーーーーーーー!!

えっと、何の話しでしたっけ?

とにかく。

3バックだろうが、4バックだろうが、5バックだろうが、W杯で日本代表が勝利することを願っています。

フェルチオ

私、サッカー評論家フェルチオH後は、サッカー日本代表を応援します。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする